型枠大工

型枠大工
建築物の骨組みにコンクリートを流し込むための器を合板等で組み立て、コンクリート建造物を作る作業のことをいいます。
型枠大工とは一般的には木材で作られた合板を使用し、設計図に合わせて木造の鋳型を作成します。その鋳型の中にコンクリートを流し込み、コンクリートが固まった後に、その鋳型を取り外すとコンクリートが建物の形に仕上がります。型枠大工とは、そうしたコンクリートを流し込むための鋳型を作成する職人のことをいいます。コンクリート建造が取り入れられた時代には仮枠としての作業でありましたが、現在では仮ではなく本設工事として、構造・仕上げの重要な工事として位置付けられております。